情報販売ビジネスについて

情報販売ビジネスについて

 

この情報販売ビジネスと呼ばれている業界ですがね
ここ数年で劇的な変化を見せました。

 

今から約10年くらい前までは、情報バブルという時代が来ており、

 

マニュアルは作れば絶対に売れる(高値で)という時代でした

 

今では、本当に信じられないかもしれませんが、PDFファイル10ペ−ジほどのマニュアルが
39800円などの高額で販売されていることも普通でした。

 

今では、特典扱いとかもらってもいらないみたいな感覚ですよね。

 

今では、39800円という高額で販売している商品は売れなくなっています。

 

これは、時代の流れということに他なりません。

 

 

要するに、お客様が賢くなったんですね。

 

お客様が賢くなるにつれて、お客様が商品価格を決めるようになっていったのですね。

 

お客様情報商材のマニュアルの市場価格が安定しだしたのです。

 

お客様にとって欲しくない料金設定のマニュアルは買わない。

 

だから情報商材も売れない。

 

ということですね。

 

という状況になり、市場の情報商材の価格が低下していったのです。

 

情報業界のお客様に、情報商材の価値を図る指標が備わっていなかったため、高額な料金設定でも
簡単に売れていました。

 

ですが、今では、お客様の知識が豊富になっているため、
お客様にとっての相当のメリットを提供しないとマニュアルが売れない時代となりました。

 

10年前までは、
・マニュアルを作る
・カウントダウンをする
・販売停止前の告知をする

 

この3手法が黄金のルールでした。

 

ですが今では、これをやっているだけでは、売れません。

 

 

 

本当に商品価値として認められるものが売れる時代となりました。

 

10年前は、情報販売ビジネスとほぼ同時に「FXなどの投資関連の情報です」が
多く扱われました。

 

 

 

10年前の前半は、競馬・株式
後半は、FXなどの投資関連です。

 

上記に関連したマニュアルがよく売れていました。

 

出せば必ず売れるという時代ですね。

 

PDFのぺら2枚3枚ものでも何十万として買う人が殺到していたのを覚えております。

 

基準は、インフォトップとか関連するASPの売上ランキングに占めている商品ジャンルから
判断したものです。

 

この判断方法は、間違っていたとは思っていません。

 

何かの一つの指標にしてください。(需要と供給のバランス)

 

 

10年前から、爆発的な売り上げもなくかといって売り上げ減少もなくという商品商材が
今でも生き続けているものがあります。

 

・恋愛
・ダイエットなどのお悩み系
・生活系(生活習慣病・視力回復・しつけ・勉強法等)

 

などの不変マニュアルでしょうか。

 

ネットビジネスなどのマニュアルでは、一度、作ったとしても、ネットビジネスの周りの環境が

 

変われば使えなくなってしまうという現象が起きやすいものです。

 

ですが、生活などの一生、人間の生活で必要なもの、悩みを題材にしたマニュアルは長く売れます。

 

視力回復・しつけ・勉強法などがその典型に挙げられます。

 

 

これらのマニュアルが自動的に売れる仕組みを作れば、ある程度の収入が得られることはできます。

 

 

 

例えば、
視力回復というのは、人間が生活を送るうえで、目が悪い人なら絶対に一度は、解決方法を探ると思います。

 

 

コンタクトにする。しない。
眼鏡をかける。かけない。
レ−シックをする。しない。

 

 

など、必ずお悩みする時があることでしょう。

 

その悩んでいる真っ只中に「視力回復」の方法を記載したマニュアルを販売すれば、
欲しくなりますよね。

 

そして、実際に売れますね。

 

このようなフロ−は、誰でもわかりますね。

 

生活系のマニュアルは、市場の規模と売れる法則だけ作ってしまえば、ほぼ永久に
収益を上げることが出来る情報ビジネスなのです。

 

 

FX関連の記事もしっかりしたマニュアルを作り込んでしまえば、半永久的に
売れることは間違いないことでしょう。

 

 

ですが、一気に1000万円。を狙うのか?
10年の歳月をかけて、1ケ月づつ稼ぎ1000万円稼ぐのか?

 

ここで気持ちが分かれます。

 

例えば、
Aの方
一気に1000万円稼いでも、この1000万円稼いだマニュアルはー手法は、1年しか使えない。

 

Bの方
だか、10年かけて1年に100万円づつ利益を出し稼いだ1000万円は、11年目でも安定して
月10万円の利益を出せるということです。

 

 

方法はこの2つに分かれることでしょう。

 

一気に売るのであれば、それなりの戦略が必要となります。

 

売れる市場に参戦しました。

 

だか、ほったらかしにしていて勝手に売れるものではないということです。

 

 

結局、「マーケットは広いのに、売り方が分からない」という事態になってしまっているんです。

 

 

一気に1000万円という大金を稼ぐには、母体(基盤)作りが必要となります。

 

そう簡単には1000万円という大金は稼ぐことは絶対にありません。

 

その辺んのご理解を深めていてください。

 

ですか、私が言いたいのは、1000万円稼ぐことが難しいということではなく、1000万円稼ぐまでの
プロセスの違いについて認識をしてもらいたかったということです。

 

 

まとめ
あなたは、

 

「一発逆転で1000万円を狙っているのか」

 

「年間で100万円の利益を出す継続ビジネスを狙っているのか」

 

あなた自身が、どちらを目指しているのか?

 

によつてビジネス手法が大きく異なります。

 

 

 

 

今後気お付けて頂きたいことが・・・・

 

これまでに、1000万円稼いだ方法。

 

などというマニュアルを購入しようとしている人は、単に自分がその時に稼いだ手法を
紹介しているだけであり、全く実践的ではありません。

 

内容もちんけな内容になっていると思います。

 

 

 

 

先ほどもすこと触れましたが

 

Aの方
一気に1000万円稼いでも、この1000万円稼いだマニュアルはー手法は、1年しか使えない。

 

 

Bの方
だか、10年かけて1年に100万円づつ利益を出し稼いだ1000万円は、11年目でも安定して
月10万円の利益を出せるということです。

 

 

どちらの手法にしろ

 

「ある程度の基盤を作らないといけない」ということを認識しておいて下さい。

 

基盤(利益を上げることが出来る媒体)を作って、売りたいと考えている商品をうる。

 

基盤無しに1000万円稼ぐことは絶対にできない。

 

ということを強く認識をしてください。

 

 

あなたがこれから始まる内容を読んでみて、絶対にありえないとか
信用できないという方であれば、このサイトは読まなくて結構です。

 

 

色々と、ご意見等を受け付けていますので、お気軽にメールください。