集客や売上の結果が出るメルマガの条件

集客や売上の結果が出るメルマガの条件

 

メルマガで集客や売上の結果を出すには、メルマガに書いてある販売記事やお店情報の記事のリンクを読者にクリックしてもらい、購入や予約、来店などの反応を取っていく事になります。

 

リンクをクリックしてもらうには、日頃からメルマガが読まれている必要があります。

 

そしてもう一つは、メルマガ読者さんが、あなたの見込み客である必要があります。

 

この2点の条件を満たしていないと、リンクをクリックしてもらえることはありません。

 

 

 

◆メルマガで成功する条件
・メルマガの読者が「見込み客」であること
・メルマガの内容を読んでもらえていること

 

まず、あなたの見込み客が見込み客がどういう人なのか、ターゲット層を明確に把握する必要があります。

 

そして、ターゲット層が何を知りたいのかを考えます。

 

そして、読者さんが読みたい内容を提供して、メルマガ読者さんを増やしていくのです。

 

つまり、ビジネスのターゲット層に該当する方のみメルマガに登録してもらい、その方たちに喜んでもらえる内容をメルマガに発行しなくてはならない。

 

 

という制約があるのです。

 

やみくもに読者を増やせばいいというものではありません。

 

こうした制約をクリアするためには、「ブログから読者を集める」のが最適なんです。

 

 

 

◆ブログから読者を集める理由

 

それは、見込み客となる「1つのテーマに興味を持った読者が集まりやすい」からなのです。

 

一般的なブログやホームページは、1つのテーマで書かれています。

 

例えば、お店ならばお店の情報を提供しますし、ダイエットならばダイエット情報についてのことを書いてあるのが普通です。

 

 

こうした特性があるからこそ、多くの人が検索エンジンを駆使して様々な情報をネット上で探すわけです。

 

例えば、絞り込んだテーマに興味がある人がブログやホームページに集まります。

 

こうして集めた読者さんは、必然的に見込み客になります。

 

つまり、1つのテーマに絞って情報発信しているブログやホームページでメルマガ読者を集めると、自動的に見込み客を選別できるという大きなメリットも生まれるわけです。

 

因みに、ブログやホームページ、メルマガで、テーマを1つに絞らず、いろいろな内容を幕の内弁当みたいに詰め込んだ場合、読者さんを増やすことはできません。

 

 

出来たとしても、内容に説得力がなくなってしまいます。

 

インタ−ネットでは、専門的な情報にしかニーズがありません。

 

あなたの専門性を疑われるような「何でもあり」のブログはメルマガは、読まれることはないでしょう。

 

例えば、ダイエットの記事があり、スキンケアの記事があり、野球の記事があるようなブログですね。

 

 

 

◆見込みきゃまには読みたい内容を提供するだけ

見込み客を集めることが出来れば、後は、求められている情報をまとめてメルマガを発行するだけです。

 

1つ注意したいのは、「あなたが書きたいことを書いてはいけない」という点です。

 

書いてよいのは「読者さんが知りたいこと、興味のあること」だけです。

 

サ−ビスや商品を購入したらどうなるか、お店に行くと、どんなに良い体験があるか、といった内容を書くようにしなければいけません。

 

 

読者であるお客様は、自分にとってのメリットしか興味がないのです。

 

読者さんにとって知りたい情報があるからこそ、メルマガに読者登録をするのです。

 

この方針でメルマガ読者さんを集めると、あなたのメルマガを読みたい読者さんが集まります。

 

そして、読みたい情報を出せば出すほど、読者さんは、あなたのメルマガ楽しみになります。

 

こういう読まれる状態が出来ているからこそ、何かの案内をメルマガで送った時に、売れたり集客できたりするのです。